読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットクロックニュース

海外ドラマ、芸能、スポーツから真面目な話題まで、流行のニュースをリサーチ中!

モチベーションは必要なし! 毎日の積み重ねでダイエット・勉強を成功させる「累積リスト」の作り方

f:id:hotclock:20170215095529j:plain

ダイエットや語学学習などの目標を達成するために、「やらなきゃ」とは思っていても、慣れない行動を毎日積み重ねることは難しいと思います。

当記事のゴールは、「自分が理想とする内容と、実際に積み重ねた内容」を視覚化して自然にやる気を維持し、次のより良いステップを(自分で)考えつくための手法を解説することです。

 

自己啓発書やダイエット本などで「他人の成功例」を読んでも、自分の行動へつなげることができなかった人に、参考にしていただければと思います。

続きを読む

今週のヤンマガ(2017年11号)▶漫画志望者なら読んでおきたいインタビューから、サッカー選手が賭博の世界に入った理由。ブラック企業の社員をトリコにする班長の魅力など!

f:id:hotclock:20170213045235j:plain

【日本の記念日に異を唱えるアホロートル(♀)】

 

2017年2月13日(2017年11号)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。今週号では、サッカー賭博を舞台にした『ビッチディーラー』主人公・新堂龍司が世界に入った理由が判明。漫画家志望の方には必読のインタビューが掲載されるなど、盛り沢山の内容でした。

 

微ネタバレなので、本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

美と切なさと、謎がある。孤高の英雄物語ヤンマガ連載中『ORIGIN・オリジン』を読むべき理由! 極力ネタバレ無しのレビューです

f:id:hotclock:20170209033450j:plain

週刊ヤングマガジンに連載中『ORIGIN』のレビューです。本作の全体的な印象と、今週のヤングマガジン(2017年10号)に掲載された「17話目:死んだふり」を読んだ時点で謎になっている部分を解析します。

 

極力ネタバレ無しで進めますが、後半は発売中の「コミックス1巻」以降の内容に触れています。本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

新作『24:レガシー』には、サンズオブアナーキーのアノ人が出演。CTUの機材入札は、韓国のメーカーが受注を勝ち取ったようです

f:id:hotclock:20170207213531j:plain

いよいよFOXでスタートした、新作『24:レガシー』。各所のネット動画サービスで放映されているので、すでに鑑賞して色んな感想をお持ちの方も多いと思います。

前シリーズが強烈だっただけに、新作は成功するのか? 第一話目を観た限りでは「これまでの24シリーズの定石を踏まえた保守的な創り」に感じました。

 

ぜひ本編を楽しんでいただきたいので、これから観る人のために「極力ネタバレは避けて」いますが、微妙にストーリーに触れている部分もあります。ここから先のスクロールをご注意ください m(_ _)m

 

続きを読む

平成の怪談話者は、身を挺して恐怖を集める! 話題の事故物件芸人・松原タニシ氏がラジオ出演。また、近年イチオシ怪談作家の赤裸々なカミングアウトにも注目

f:id:hotclock:20170206152044j:plain

世の中の怪異を伝える作家といえば、過去には「小泉八雲」「岡本綺堂」といった方々が、民俗学的なスタンスで作品を残されています。

 

昭和に入ってからは、心霊写真の中岡俊哉氏や、「あなたの知らない世界」をプロデュースした新倉イワオ氏が、文書だけでないさまざまな形式で怖さ・不思議を伝えて来ましたが、昭和の後期から「実話怪談」が一つの柱を持ち、平成は「自らが人柱になる」といった様相を見せています。

 

ここからは、「いま本当に怖い話を伝える人物」として、松原タニシ氏と郷内心瞳氏のお二方を紹介します。怖い話NGの人は、右のサイドバーで違う記事へどうぞ……。

続きを読む

今週のヤンマガ(2017年10号)▶講談社のマガジンらしくスポーツ漫画が熱い! 新連載の賭博+サッカー。ギャル+野球は準々決勝がいよいよ始まります

f:id:hotclock:20170206112231j:plain

2017年2月6日(月)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。今週号からは、賭博のために試合をコントロールするサッカー職人を描く『ピッチディーラー』がスタート。また、『セーラーエース』『ヤキュガミ』と野球漫画が、それぞれ試合直前です。

 

特にスポーツ漫画の場合は、試合の途中から読み始めるのは難しいため、これまでヤンマガを読んでいなかった人も、今週・来週からだと入りやすいかも。
微ネタバレなので、本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

今週のヤンマガ(2017年9号)社会の矛盾を指摘する『ロボニートみつお』が最終話。『喧嘩稼業』は、まさかのカットバック。

f:id:hotclock:20170205130443j:plain

2017年1月30日(月)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。『喧嘩稼業』では、まさかのカットバックでトーナメントの前日談がスタート。『ロボニートみつお』が感動の最終回。2月に第一巻が発売される『侠飯(おとこめし)』、eヤングマガジンで連載開始の『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』など盛りだくさんの内容でした。

 

微ネタバレなので、本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先をスクロールしないでくださいm(_ _)m

 

 

続きを読む