読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットクロックニュース

海外ドラマ、芸能、スポーツから真面目な話題まで、流行のニュースをリサーチ中!

今週のヤンマガ(2017年15号)▶WBCが盛り上がる中、野球マンガがクールな投手戦。大槻ハンチョウに最強のライバル? も登場しました

マンガレビュー

f:id:hotclock:20170313104739j:plain

2017年3月13日(月)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。今週号では、ラブコメ『ハンツー✕トラッシュ』でモザイク表現(子どもは見ちゃダメ)、『1日外出録ハンチョウ』では、大槻さんと妙に息が合う、これまでにないキャラが登場です。

 

微ネタバレなので、本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

今週のヤンマガ(2017年14号)▶リアルなバイオレンス展開が熱い! 中でも素手のバトルシーン『SEVEN☆STAR MEN SOUL』に注目

マンガレビュー

f:id:hotclock:20170306052846j:plain

【グラビアは直球の正統派美少女、牧野真莉愛さん】

 

2017年3月6日(月)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。今週号は、男子の漫画雑誌らしく、ハードな戦闘シーンが多数。月一連載の『スモーキング』では、かなりバイオレンスな場面もありました。

 

今回も、毎度のごとく微ネタバレなので、本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

今週のヤンマガ(2017年13号)▶負け組の中の勝ち組『一日外出録ハンチョウ』は新展開。『ネオンさん』では新しい謎が提示されています。

マンガレビュー

f:id:hotclock:20170227062039j:plain

2017年2月27日(月)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。今週号では大澤玲美さんが巻頭グラビアを飾っています。

普段は漫画主体で読むので、グラビアはパラパラめくる程度のわたしですが、この人の写真には思わず注目。今春には写真集も発売されるようです。

 

当ブログでは、全部の連載をダラダラと紹介しても仕方ないと思って、いつも2本程度の漫画に限定してレビューしているのですが、今週号は春菜さんと新しい関係が生まれるのか?『侠飯』、殺し屋とアノ女性が出会ってしまう『ザ・ファブル』など、急展開や読みどころがあり、まとめきれません!

 

例によって多少はネタバレしているので、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

今週のヤンマガ(2017年12号)▶いつもよりエロ要素が強めの2作品+『喧嘩稼業』ではサブサブキャラだったアノ男が主役に!

マンガレビュー

f:id:hotclock:20170220044532j:plain

2017年2月20日(月)発売の週刊ヤングマガジン・電子版のレビューです。今週号では青年誌らしくエロ要素強めの展開▶『ハレ婚。』『匿名の彼女たち』のほか、『喧嘩稼業』では意外な人物が主役として登場しました!

 

微ネタバレなので、本誌で内容を確認したい方/コミックでまとめて読む派の方は、ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

時代遅れの殺し屋家業の寓話。ヤングマガジン連載中の『ザ・ファブル』の凄いところ、読みどころ【微ネタバレ有り】

マンガレビュー

f:id:hotclock:20170219041733j:plain

元グラドルのミサキさんが可愛くてたまらん。という理由で毎週読んでいる男子も多いと思いますが、南勝久先生の漫画『ザ・ファブル』は、天才的な殺しの技術を持つ男の物語。

ファブル(寓話)というタイトル通り、殺し屋という異色の職業人を通じて、わたしたちの生き方を見直す教訓を与えてくれています。

 

当記事では、KCコミックスで出版されている最新刊の8巻以降の話題も少し触れています。ぜひとも読んでもらいたい作品なので、極力本筋のネタバレはしていませんが、微妙にストーリーが分かってしまう表現もあるかと思います。

ここから先のスクロールをご注意ください〜 m(_ _)m

 

続きを読む

「失われた時」の発掘に成功? そっ閉じ文学の代表作家、マルセル・プルーストが動く姿を捉えた映像が仏で見つかったそうです

Webネタ・ハウツー 国際問題

f:id:hotclock:20170216202821j:plain

超長編小説『失われた時を求めて』。タイトルだけは知っている。という人や、最初の40ページぐらいは頑張って読んだ記憶がある。という人も多いのではないでしょうか。

 

わたしも、その口で「マドレーヌを食べていたら子どもの頃を思い出した」というエピソードを知っているぐらいで、読むスピードと同じ速度で物語が進行していく。という難儀な文体というか、展開に――

 

とにかく一杯文字が書いてある

 

という印象だけを残して、そっと本を閉じました。

 

続きを読む

【小説】横溝正史・金田一耕助シリーズ:読んだことがない人のための最初に読むべき3作品まとめ

書籍レビュー

 

f:id:hotclock:20170216123000j:plain

『犬神家の一族』など、横溝正史の金田一耕助シリーズは、映画・ドラマ化され有名ですが、舞台が戦後間もなくの時代設定であったり、探偵小説のフォーマットに沿った「トリック」を中心とした構成であるため、小説を読み慣れていない人にはとっつきにくいようです。

 

本稿では、特に昭和の小説を読んだことがない方にも、取り組みやすい同シリーズの3作をレビューしています。読みやすい作品から読めば、ハマること間違いなしの作品郡なので、参照にしてみてください。

 

 

続きを読む